検索
  • 山田 典生

頑張らないで仕事をしよう

どんな人も新しい会社に入る時、一生懸命、真面目に、頑張ろうとする。

しかしその大半は途中で力尽きて毎日をただなんとなく過ごしてしまう。

なぜそのような状態になってしまうのでしょうか。


真面目にとか一生懸命とか、頑張るとかいう感情は自分の調子が悪くなると急激に

低下していきます。皆さんも経験ありませんか?自己啓発系の研修を受けて

その時は生まれ変わったような気持ちになり、これからの人生を立派に生きようと

心に決めたとします。でもその感情は時間と共に消えようとするのです。


ではどうしたら良いのでしょう。間違いなく自分は良い仕事をするつもりではいるのです。

実は一生懸命に、真面目に、頑張るという三つのキーワードに問題があるようです。


一生を通すほどの仕事に出会う確率は非常に少ないという現実。

昔から言われる真面目という概念は今は通用しません。

頑張るという足枷はとても重い。


だから

ピンポイントで(一所)

集中しながら

問題を解決する


という具合に置き換えて仕事に臨んでみると案外ストレスは軽減されます。

古い三つのキーワードは実は自分にストレスを与えている場合が多いのです。

皆さんも自分の仕事に対する捉え方を一度見直してみてはいかがでしょう。





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。 1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費 3万円目:169回転で40分消費 平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。 有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。 よく私は店長たちに「今のパチ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→