検索
  • 山田 典生

知恵は借りるもの

突然ですが皆さんは日常の仕事で一喜一憂することはありますか?

話を聞いてみると喜びは少なく憂いが多いようです。

では何に対して憂鬱なのでしょうか?


ある店長の発言から…

「自分の力で何かをやり遂げた」という実感が店長になってから少なくなった。

稼働と利益をあげなくてはならないのは充分にわかっているのだが、

現実はそのようにならない。むしろどんどん悪化している。

現状を打破するためには行動を起こす。それもわかっているのだが

何をどういう具合にやれば良いのか?やり方がわからない。


彼は業績を向上させるという実体験をしたことがありません。

だから実際に何から手をつけどのようにしたら良いのかがわからないのです。


およそ世の中の問題を解決するためには『知恵』というものが必要であり、

その『知恵』なるものは『技術・知識』×『経験』で構成されているのです。


だから技術や知識を身につけている人は思い切って経験をすることが一番の近道なのです。

何の近道かって?もちろん成功への近道です。私たちの使命は増収増益だと言いました。

それを実現するためには勇気を振り絞って何かを経験することです。


「ぱちんこのものづくり」=「台の顔づくり」=「釘の整備」


「釘は最強のコミュニケーションツール」=「顧客と店のやり取りは差玉」


店長が行う釘メンテナンスを「ものづくり」と言い換えましょう。

ものづくりにはその人の思想だ大切だと言いました。

そしてその思想を具現化するのが「差玉」なのです。

差玉をどうやってつくるのか?考えてください。そして手を動かしてみてください。

それでも結果が出なかったりわからなかったりするはずです。

もし身近に相談できる人がいればその人から「知恵」を借りてください。

そんな人はいないという場合は…

私に連絡ください。どんな質問にでもお答えします。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。 1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費 3万円目:169回転で40分消費 平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。 有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。 よく私は店長たちに「今のパチ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→