検索
  • 山田 典生

知恵は借りるもの

突然ですが皆さんは日常の仕事で一喜一憂することはありますか?

話を聞いてみると喜びは少なく憂いが多いようです。

では何に対して憂鬱なのでしょうか?


ある店長の発言から…

「自分の力で何かをやり遂げた」という実感が店長になってから少なくなった。

稼働と利益をあげなくてはならないのは充分にわかっているのだが、

現実はそのようにならない。むしろどんどん悪化している。

現状を打破するためには行動を起こす。それもわかっているのだが

何をどういう具合にやれば良いのか?やり方がわからない。


彼は業績を向上させるという実体験をしたことがありません。

だから実際に何から手をつけどのようにしたら良いのかがわからないのです。


およそ世の中の問題を解決するためには『知恵』というものが必要であり、

その『知恵』なるものは『技術・知識』×『経験』で構成されているのです。


だから技術や知識を身につけている人は思い切って経験をすることが一番の近道なのです。

何の近道かって?もちろん成功への近道です。私たちの使命は増収増益だと言いました。

それを実現するためには勇気を振り絞って何かを経験することです。


「ぱちんこのものづくり」=「台の顔づくり」=「釘の整備」


「釘は最強のコミュニケーションツール」=「顧客と店のやり取りは差玉」


店長が行う釘メンテナンスを「ものづくり」と言い換えましょう。

ものづくりにはその人の思想だ大切だと言いました。

そしてその思想を具現化するのが「差玉」なのです。

差玉をどうやってつくるのか?考えてください。そして手を動かしてみてください。

それでも結果が出なかったりわからなかったりするはずです。

もし身近に相談できる人がいればその人から「知恵」を借りてください。

そんな人はいないという場合は…

私に連絡ください。どんな質問にでもお答えします。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「

店長の勘違い

久しぶりにぱちんこを打ちました。“CR北斗の拳7” 相変わらず荒い機械が好きなんです。 私は釘を教えているからとホールに行ってじっと釘を見ながらの 台選びはしません。まるっきりの素人さながらに大当たり回数とスタート回数を見て 「これはあたるぞ!」となんの根拠もなく座ってしまうのが私のスタイルです。 今日もその流れでした。まず500円。3回しかまわらない。玉のスピードが速い。 ヘソ周辺に絡まず加えて