検索
  • 山田 典生

店長は台の単価を知るべきだ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。

1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費

3万円目:169回転で40分消費

平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。

有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。


よく私は店長たちに「今のパチンコは1時間でいくら使う?」という質問を投げかけます。

すると2万円くらいですか?2万4千くらい?というトンチンカンな答えが返ってきます。

中には質問後に電卓を叩き始める者もいますね。


ホールコンでは玉利、玉単価、割数等々加工されたデータを見ることができます。

ほとんどの店長はこの加工されたデータをもとにさまざまな行動に移るわけです。

しかしそこからは商売の真の現状を知ることが困難なのです。


どんなお店でも自分の店のケーキがいくら、コーヒーがいくらというふうに商品の単価は

アルバイトでも知っています。ところがパチンコ店の場合、アルバイトはおろか店長、更には部長、社長も知らないケースが非常に多く見受けられます。


1時間あたりの売り上げというものは言い換えれば顧客の痛みと解釈することもできます。

その痛みに対して顧客に与えてあげることのできる喜びはどれほどのものかを考える必要があるとは思いませんか。パチンコも商売です。 商売の基本は顧客に真正面から向き合うことと考えます。


今までとは少し視点を変えてものづくりに励んでみてはいかがでしょうか?


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→

人間である店長が業務を遂行するにあたってとても大切な事があります。 それは店長としての意思を表明する事です。意志を思想と置き換えても良いでしょう。 「私はこの店をこんな店にしたい」 日々の業務に忙殺され続けているうちに店長として預かっているこの店を どのような店にして行きたいのかを忘れてしまいそうになる時もあります。 人間ですから。 しかし部下は店長の行動を一挙手一投足見ているものです。 店長の考