検索
  • 山田 典生

店長の勘違い

久しぶりにぱちんこを打ちました。“CR北斗の拳7”

相変わらず荒い機械が好きなんです。


私は釘を教えているからとホールに行ってじっと釘を見ながらの

台選びはしません。まるっきりの素人さながらに大当たり回数とスタート回数を見て

「これはあたるぞ!」となんの根拠もなく座ってしまうのが私のスタイルです。


今日もその流れでした。まず500円。3回しかまわらない。玉のスピードが速い。

ヘソ周辺に絡まず加えてヘソのピッチも極狭の状態。それでも次の500円で12回。

結果1000円スタートが15回。釘シート上ではまあまあだと見る店長もいるでしょう。

しかし打っている私にしてみればストレスが溜まり不愉快極まりない状態です。

そのスランプの要因の一つとして傾斜が立ちすぎているのでは、と感じました。

傾斜は恐らく3分くらいでしょうか。傾斜が立ちすぎると玉の落下速度が速くなるので

スランプは当然のことながらキツくなります。結局3000円で39回のスタート。

1000円スタート13回ですね。私は嫌気がさして即座に席を立ちました。


なぜこうして特段の理由もなく台の傾斜を立てるのだろうか?

いつも疑問に思います。傾斜を立てること、それがむしろ店の利益を圧縮するのに。


台を立てすぎると…

玉のスピードが速くなる

即ち、スランプがきつくなる

プレイヤーはよくまわる記憶を忘れる

(まわらない記憶だけが残る)

(これがストレスになる)

やがて席を離れる

(まわさない店のせいにする)

(本当は当たらないのは運である)

稼働が落ちる

利益が取れない


一般的にはこんな感じでしょうか?

しかし実際にはもっと深刻な問題があるのです。


それは…


玉が速いと意外にも中央によりやすい

(かえって回る要素が高まる)

だから無理に外に逃がす

渡りの下部を通る玉も速い

三角釘の他入賞部位にボコボコ入る

(Sammy系のゲージ)

ベースが上がる

利益が取れない、回せない、稼働が落ちる、さらに利益が取れない


断っておきますが他入賞に入ってから千円スタートがそこそこにまわる

などと言い訳がましい考え方はやめておいた方が良いと思います。

それは机上の理論であってプレイヤーはそんなことは望んでいないのです。

実際にデータ取りをしてみました。スタート値をそのままにしてBYを開けての営業を

2週間続けてみたところ、稼動に影響はみられず、利益率の低下がだけが目立ったのです。


多くの店長が勘違いをしている点があります。

傾斜を立てたり、釘を下げ釘にするとスタート値が下がる傾向にはあります。

しかしその原因は玉の落下速度が速くなり、スランプを呼び起こすから、結果的に

回らなくなるのです。加えて、落下速度が速ければ速いほど玉はセンターに

よってくる傾向が強いのです。故に釘の下げすぎや傾斜の立て過ぎは帰って回りやすい

状況を作ってしまうことをお忘れなきよう。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「

知恵は借りるもの

突然ですが皆さんは日常の仕事で一喜一憂することはありますか? 話を聞いてみると喜びは少なく憂いが多いようです。 では何に対して憂鬱なのでしょうか? ある店長の発言から… 「自分の力で何かをやり遂げた」という実感が店長になってから少なくなった。 稼働と利益をあげなくてはならないのは充分にわかっているのだが、 現実はそのようにならない。むしろどんどん悪化している。 現状を打破するためには行動を起こす。