検索
  • 山田 典生

差玉という思想

パチンコ屋は国民の信頼を裏切った。それは稼動の低下そのものが証明しています。

稼動が低下した理由は最も大切な顧客と店との繋がりを軽んじてきたからです。

つまり商売のあり方が軽薄だったと言い換える事ができますね。

顧客とのつながりは差玉を差し置いて語ることはできません。しかし現実は違いました。


差玉とは顧客が打ち込んだ玉と機械が払い出した玉の差数を指します。

マイナス差玉は顧客の財布が潤い、プラス差玉は会社の金庫に金が貯まる。言ってみれば

ただそれだけの単純な項目です。これは顧客がジェットカウンターに流した出玉とは

考え方として一線を画すべきだと授業では伝えます。そしてこの差玉こそが唯一の顧客との接点であるということも忘れず強調するわけです。


しかし今の機械はスタートの調整だけでは出玉率や確率を変える事ができません。だから釘の重要度は低いのではないか。という意見もしばしば耳にします。悲しいことにそのような発言を経営者の方から聞く事があるのも事実です。ここに国民を裏切った歴史の第一章が始まったと私は思います。


言ってみれば明日の出玉率や機械の確率などを予想することほど不確実なことは

ありません。殆どの店長がそこに不安や恐怖を抱いています。やることもせずに、です。

私たちは業界の明日を語る事ができます。しかし一人の力では何も変えられません。

メーカーの不誠実さや怠慢をなじる事ができます。が、なんの影響力も持ちません。

しかし今日、そして今やれることはあります。顧客と私たちを結ぶ差玉をつくることです。


できなくてもいいから、試行錯誤して創意工夫して失敗を重ねながら日々を過ごすことです。一朝一夕にはことはなりませんが、その努力はいつか必ず報われます。それは今の仕事を変わったとしても自分の努力は自らの人生においていつか実を結ぶのです。


だからホールで仕事をされている方は差玉を自らの手でつくれるよう技術を磨いて下さい。

知識も必要です。その努力無くして稼動の上昇などあるはずもありません。

顧客の嘆きを知らんふりせずその原因を突き止めることです。

これが差玉の思想です。思想なき商売は成り立たないことを覚えておいて下さい。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。 1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費 3万円目:169回転で40分消費 平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。 有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。 よく私は店長たちに「今のパチ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→