検索
  • 山田 典生

差玉という思想

パチンコ屋は国民の信頼を裏切った。それは稼動の低下そのものが証明しています。

稼動が低下した理由は最も大切な顧客と店との繋がりを軽んじてきたからです。

つまり商売のあり方が軽薄だったと言い換える事ができますね。

顧客とのつながりは差玉を差し置いて語ることはできません。しかし現実は違いました。


差玉とは顧客が打ち込んだ玉と機械が払い出した玉の差数を指します。

マイナス差玉は顧客の財布が潤い、プラス差玉は会社の金庫に金が貯まる。言ってみれば

ただそれだけの単純な項目です。これは顧客がジェットカウンターに流した出玉とは

考え方として一線を画すべきだと授業では伝えます。そしてこの差玉こそが唯一の顧客との接点であるということも忘れず強調するわけです。


しかし今の機械はスタートの調整だけでは出玉率や確率を変える事ができません。だから釘の重要度は低いのではないか。という意見もしばしば耳にします。悲しいことにそのような発言を経営者の方から聞く事があるのも事実です。ここに国民を裏切った歴史の第一章が始まったと私は思います。


言ってみれば明日の出玉率や機械の確率などを予想することほど不確実なことは

ありません。殆どの店長がそこに不安や恐怖を抱いています。やることもせずに、です。

私たちは業界の明日を語る事ができます。しかし一人の力では何も変えられません。

メーカーの不誠実さや怠慢をなじる事ができます。が、なんの影響力も持ちません。

しかし今日、そして今やれることはあります。顧客と私たちを結ぶ差玉をつくることです。


できなくてもいいから、試行錯誤して創意工夫して失敗を重ねながら日々を過ごすことです。一朝一夕にはことはなりませんが、その努力はいつか必ず報われます。それは今の仕事を変わったとしても自分の努力は自らの人生においていつか実を結ぶのです。


だからホールで仕事をされている方は差玉を自らの手でつくれるよう技術を磨いて下さい。

知識も必要です。その努力無くして稼動の上昇などあるはずもありません。

顧客の嘆きを知らんふりせずその原因を突き止めることです。

これが差玉の思想です。思想なき商売は成り立たないことを覚えておいて下さい。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「

店長の勘違い

久しぶりにぱちんこを打ちました。“CR北斗の拳7” 相変わらず荒い機械が好きなんです。 私は釘を教えているからとホールに行ってじっと釘を見ながらの 台選びはしません。まるっきりの素人さながらに大当たり回数とスタート回数を見て 「これはあたるぞ!」となんの根拠もなく座ってしまうのが私のスタイルです。 今日もその流れでした。まず500円。3回しかまわらない。玉のスピードが速い。 ヘソ周辺に絡まず加えて