検索
  • 山田 典生

人づくりは急ぐべき?

ある店長が私を訪ねてきました。話の最中、彼はとても大切なことを言っていました。


「今活躍している店長達もやがては釘を打たなくなるじゃないですか?その代わりに今の

部下達が打つようになりますよね。仕事の中には急ではなくても重要な事柄があって、釘やパチンコの基礎知識を教えるという仕事はそれに当てはまると思うんですよ…」

以下略

   

そう、重要課題ではあるものの緊急性を要しない仕事。結構あるものです。

私たちが日常の釘を叩き、増収増益を図ることはこれは急ぎごとで且つなにものにも

代えがたいほどの重要な仕事です。では部下に釘を教えたり知識を与えたりする仕事、

いわゆる人をつくるという仕事はどうでしょうか。

店長が日々の業務を牽引して現状を保っているからまだ急がなくてもいいよね。と現状に満足していると人づくりを怠けていたツケは後で回ってくるものです。実際、今でも

「店長が辞めたので主任に釘を教えたい」と研修の申し込みがあります。

このパターンはお店の運営、商売にとって大きな穴を開けるわけですから緊急を要します。


今を維持することも、将来に向けその準備をすることもその違いは緊急性だけであって、

どちらも比較することができないほどの重要な業務です。特に当たり前のことを

理解してもらい、どんな物事にも対処できるような将来の店長づくりは今から始めるべきだと私は思うのですが、皆さんの考えはいかがでしょうか。


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。 1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費 3万円目:169回転で40分消費 平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。 有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。 よく私は店長たちに「今のパチ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→