検索
  • 山田 典生

パチンコ屋のあり方

貧すれば鈍す。

貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味)〜ウィキペディアより〜


パチンコ業界の現状を物語るに相応しい言葉ではないでしょうか。





パチンコ市場が賑わっていたときの商売繁盛のやり方はそれほど多くはなかったですね。新台を入れて広告を打てばどのお店でもお客さんは入ってくれました。ところが少子高齢化や様々な環境の変化により市場はその賑わいを無くした結果、ホールは苦境から脱するために効果的なやり方の情報収集に走り、あれもこれもと欲を掻いた結果が今にあります。商売にとって無くしてはいけない「あり方」。


ではパチンコ商売にとってなくてはならない「あり方」とは何を差すのでしょうか。

私は差玉の量とタイミングを図り続けることだと捉えています。

そのための釘であり、スタート値であり、ベース値であるのです。

加えていうならばその日の景品出品金額の徹底管理ですね。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

差玉の考察

差玉のお話です。通常時は絶対にプラス差玉にしかならず、マイナス差玉は大当たり中の時だけの現象です。大当たり中の状態、いわゆるマイナス差玉をコントロールするということは所詮無理な話だし、できたとするならそれは違法ですね。だから通常時にどれ程のプラス差玉をつくるのかを徹底的に考えましょう。 結局ベースのはなしになるわけです。差玉は(アウト)-(セーフ)これも皆知っています。通常時のセーフ玉はいわゆる遊

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「