検索
  • 山田 典生

スランプを考察する

パチンコにスランプはつきものです。今日はスランプの話です。


そもそもスランプはなぜ起こりうるのか?考えてみたことはありますか?


結論から述べましょう。それは落ちてくる玉の速さです。

落ちてくる玉のスピードが速いとスランプがきつくなります。

逆に落下速度が遅くなるとスランプは緩くなるのです。


【玉の落下速度を左右する条件】

① 釘の上下角・・・下げ釘は落下速度が速くなる

② 傾斜のねかせ・・・傾斜は起こせば落下速度が速くなる

③ 釘の硬さ・・・硬度が硬い釘は反発係数が高まるので速くなる

④ 釘の本数・・・釘の本数が少くなると摩擦係数が低まるので速くなる


私たちが調節可能な項目は①と②ですね。

特に①の上下角加えて左右直角を正すことによりスランプは幾分かでも

緩やかになることでしょう。

顧客の離席の原因のほとんどは「まわらない」です。

1日トータルの回転数はさほど大きな変化はないにもかかわらず

稼働が思うように伸びてくれない。これはまわりムラが引き起こす現象です。

つまりスランプが離席の原因になっているということですね。


皆さんのお店に設置してある機械台の角度。整っていますか?

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

差玉の考察

差玉のお話です。通常時は絶対にプラス差玉にしかならず、マイナス差玉は大当たり中の時だけの現象です。大当たり中の状態、いわゆるマイナス差玉をコントロールするということは所詮無理な話だし、できたとするならそれは違法ですね。だから通常時にどれ程のプラス差玉をつくるのかを徹底的に考えましょう。 結局ベースのはなしになるわけです。差玉は(アウト)-(セーフ)これも皆知っています。通常時のセーフ玉はいわゆる遊

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「