検索
  • 山田 典生

スランプと風車

逆八と渡り(道釘)の中間に位置する風車。

イメージしてみてください。


シーン1:風車に当たった玉が内側にはじかれた

     その次の玉も内側にはじかれますか?


シーン2:最初の玉が内側にはじかれた為風車は時計回りに回った

     次に風車に当たった玉も内側にはじかれますか?


シーン3:1球目も2球目も内側にはじかれた

     1球目と2球目の玉の速度は同じですか?

     違うとすれば1球目と2球目、どちらが速いですか?


答えは「どうなるかわかりません」です。

つまりスランプ要因なのです。



逆八の一番下にある釘。左右に一本ずつありますね。

内側の釘をA、外側の釘をBとします。そして風車が位置する箇所の釘をCとしましょう。

ABCの三角形が正三角形ならばC釘によって左右に振り分けられる玉の割合はほぼ5:5に

なるでしょう。しかし実際のゲージ構成はAC間の辺の長さが長く、BC間の辺が短くなっています。つまりAC間を通る(内側に入る)確率を高める設計になっているのです。


もしC釘が風車でなかったら…単なる一本の釘だったら…

釘を整備する側もお客さんも左右に振り分けられる玉の割合を

簡単に見極めることが可能になるでしょう。即ちスタートが回る、回らない

という一番楽しい演出わかりきってしまうということです。だから風車という

『スランプ製造器』を配置することにしたのです。


風車は上下左右に直角でなければいけません。風車を上下左右に曲げて機械の性能を

変えることは絶対にしてはいけません。


パチンコに限らず全てのゲームは結果が誰にもわからないから面白いのです。

わかりきったゲームにお金を使う人はいませんね。


釘の配列は玉の流れの確率を決定づけるものです。故に大げさに曲げてはいけないのです。

なぜなら玉が振り分けられる確率が変わり、結果がわかりやすくなるからです。

諸元表通りに顔づくりをする。全ての釘の整備はここから始まります。


風車の効能について理解していただけたでしょうか?


それではまたお会いします。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

煩雑な作業に追われ人手不足も手伝って結局全ての作業を自分でやってしまう。これが何年も続くと心も身体も疲労困ぱいになってしまい、本当の自分はどこへ行ってしまったのか… そんな経験はありませんか? そこで私は「部下に仕事を振る」ことをお薦めします。シンプルに考えましょう。仕事の移譲によってまず自分の身体が楽になる(可能性の話です)そして部下の仕事に関するスキルが少しずつ上がる。という具合に二つのメリッ

先日北斗9を打ってきました。以下はその時のデータです。 1万円目:198回転で49分消費 2万円目:192回転で44分消費 3万円目:169回転で40分消費 平均数値:186回(千円S 18.6)で44分消費 このデータから1時間で消費するお金はおおよそ14000円程度の計算になります。 有体に言えばこの店舗の北斗9は1時間で14000円ツッコむということですね。 よく私は店長たちに「今のパチ

前回、店長は部下に行動の指針を表明するべきだと書きました。 しかし表明そのものが綺麗事や理想論で終始してしまうと全く逆効果に なりかねません。そんな時はより具体的な指標を掲げると良いでしょう。 例えば・・・ これから3ヶ月後には海の稼動を1000個あげたい。 稼動1000個アップという数字の経済的な効果は以下の通りです。 例えば売り上げ玉単価が1円50銭だとします。 ①1000×1.5=1500→