検索
  • 山田 典生

【部下の話を聴く】

「店長、実は話しがあるのですが」

「ん?どうした」

「すいません、俺店やめようと思って」

「どうした?何かあったか?」

「特に理由がないというか、自分の

 可能性を考えて・・・」

「お前、それみんな考えることだよ。

 うん、その気持ちよくわかる。

 俺にもそういう時があってな・・・」

この後店長の話は延々と40分ほど続く。最後に分かったか?あまり考えすぎるな。

などとほとんど説得力のない言葉で締めくくる。その間相談に来た社員はただ聞くだけ。

恐らく相談者の100倍は店長が喋っただろう。

これでは社員は速攻で辞めて行く。なぜそんなことがわかるのか?

この店長は過去の私だからです。

聞くと聴く。同じ発音だがその意味の深さは違う。聴くという行動は相手の感情に寄り添い、心の声を聴くという意味だ。

相談に来たという行動。ここに注目すれば、大変なことだとわかるはず。社員の人生が

かかっている話だ。会社を辞めるということは大変なことだ。それを自分の自慢話しや格好のいい言葉を使いなんとか納得させようとする。これは自己顕示以外の何ものでもない。

要するに私は彼の話を聴いていなかった。

俺は相談に乗ってもらおうと思ってここに来たのに、お前の良い話や自慢話を聞きに来た

わけじゃない。恐らく彼はそう思っただろう。

若い頃私はそんなこととはつゆ知らず同じ過ちを何度も繰り返した。

皆さんのところに誰か相談者がきたらその内容よりなぜ来たのだろうか?という点に着目したら良いと思う。そしてじっと耳を傾け、黙って親身になって聴いてあげるといい。相談事の大半はその解決策の伝授より話を聴いて欲しいという願望が多く含まれている場合が多い。

そもそも問題のほとんどは自分で解決しているのだから、下手なアドバイスを偉そうに、

しかも上から目線で言わない方が良い。

45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「釘は大事」が28.1%

先日パチンコ雑誌「PIDEA」の記事に様々なアンケートの結果が掲載されていました。 その中で私の目を引いたのが「今後釘調整の重要度が下がるか?」 という質問に対する結果でした。600数十名からのアンケートだそうです。 釘の重要度が低くなるが71.9%そうでないが28.1% 私は小躍りしました。釘の重要性を認識している人が28.1%もいる! これは極めて客観的な現実でしょう。誤解しないでください。

若者が会社を辞める事実

今日は少し深刻なテーマを掲げます。 私とお付き合いのある方々の年齢層は幅が広いです。 20代から50代まで、と。皆さんで考えて欲しいテーマです。 先日ある若者との会話がありました。年齢は25歳。社会人3年生です。 特に喜怒哀楽を表情には出さず言われた仕事は真面目にこなす。そんな青年です。 彼の会社では年に2回山田塾の釘の試験を受けます。 彼は先日,試験に落ちました。同じ等級を2度落ちたのです。 「

店長の勘違い

久しぶりにぱちんこを打ちました。“CR北斗の拳7” 相変わらず荒い機械が好きなんです。 私は釘を教えているからとホールに行ってじっと釘を見ながらの 台選びはしません。まるっきりの素人さながらに大当たり回数とスタート回数を見て 「これはあたるぞ!」となんの根拠もなく座ってしまうのが私のスタイルです。 今日もその流れでした。まず500円。3回しかまわらない。玉のスピードが速い。 ヘソ周辺に絡まず加えて